日本から見るととても考えられない世界の葬儀について

葬儀を行う時は故人の自宅や専門の葬儀会館で行う事も多いと思います。

また最近ではそのような普通の葬儀に加えて、家族葬や自然葬を行う方たちも多くなってきました。
日本ではそれが一般的になっています。

しかし世界に目を向けるとまたいろいろと変わった葬儀があるようです。
そのなかには日本ではとても考えらないものもたくさんあります。
しかしその国ではそれが普通の葬儀になっているのです。
それがごく普通に行われている事になります。

例えば中国や朝鮮では泣き女と言う職業の方が、葬儀を行う時に遺族に代わってその悲しみを大げさに泣く事によって表現したりします。
これはいわゆる悪霊ばらいなどのような性格を持っている事になります。

またアボリジニと呼ばれているオーストラリアでは、故人の死体を食べると言う風習が残っているようです。
それによって死者の方の魂を葬っていたと言う事です。

またその他にも遺体を直接海に投げ入れるところもあるみたいですね。
日本から見るととても考えられないものもたくさんあるようです。

この葬儀と言うのは世界ではいろいろな方法で行われている事になります。
このようにそれらの手法をいろいろと勉強してみるのもいいかもしれませんね。