日本の葬儀は気持ちも皆さん同じ

日本の葬儀を世界レベルで比べると、世界で行われている葬儀に驚かされる事も多いかもしれませんね。
それだけ世界ではいろいろな葬儀が行われている事になります。
日本では葬儀についてはそう大差はないと思います。
例えば漁師のところの葬儀は船で行う所もあるみたいですね。
当然葬儀の内容も変わってきます。

また沖縄の葬儀は、洗骨と埋葬と言う二回葬儀を行う「二回葬」と言うものがあるみたいです。
洗骨をした後の骨を骨壺の中に入れて、それを埋葬する事になります。
またその他の地方でもいろいろな葬儀の手法があるかもしれませんね。
この葬儀と言うのは最近その形態も大きく変化してきています。

例えば家族だけで行う家族葬や散骨を行う自然葬など、いろいろに葬儀が出てきました。
当然その方法は各葬儀会社によって変わってくるものと思います。
またその手法は都道府県によっても違いがあるかもしれませんね。
しかし葬儀を行う方たちの気持ちも皆さん同じだと思います。

今後もこの葬儀の形態は時代とともに変化してくるかもしれません。
ですのでその時代に合った葬儀を選択すればいいのではないかと思います。
またそれを事前に遺言書などで指定する方も増えてくるでしょう。
それはそれでいいのかもしれませんね。