遺骨の全てを海に散骨手法を選択する方も増えてきた

最近は葬儀に散骨を行う方も多くなっています。
この散骨と言うのはよくテレビなどで特集が組まれる事もありますのでご存じの方も多いかもしれませんね。

実際に散骨の手法を取り扱っている葬儀会社も多くなっています。
この散骨を行う時はまず遺骨を粉末状に処置します。
これは葬儀業者、また遺族どちらが行っても構いません。

そしてそれが終わるとこの遺骨の全てを海に散骨する事になります。
この場合一部を散骨する事もできます。この散骨をする位置は決まっています。

後は葬儀会社の指示に従う事になります。
またこの場合の式次第は故人の遺志や遺族の指示に従う事になってきます。

最近はお墓に入る事を嫌う方が多くなっています。

それゆえこのような新しい形態の葬儀に興味を持つ方が多くなっているのかもしれませんね。
また現在は高齢化社会と言う事で、終活の時にこの散骨を遺言書に指定する方もいるかもしれません。

このような新しい種類の葬儀と言うのは今後も増えていくかもしれませんね。
またそれに伴って葬儀会社のほうでも、このような形態の葬儀を取り扱う所が増えてくるかもしれません。
今後の葬儀に注目してみたいと思います。