遺骨の全てを海に散骨手法を選択する方も増えてきた

最近は葬儀に散骨を行う方も多くなっています。
この散骨と言うのはよくテレビなどで特集が組まれる事もありますのでご存じの方も多いかもしれませんね。

実際に散骨の手法を取り扱っている葬儀会社も多くなっています。
この散骨を行う時はまず遺骨を粉末状に処置します。
これは葬儀業者、また遺族どちらが行っても構いません。

そしてそれが終わるとこの遺骨の全てを海に散骨する事になります。
この場合一部を散骨する事もできます。この散骨をする位置は決まっています。

後は葬儀会社の指示に従う事になります。
またこの場合の式次第は故人の遺志や遺族の指示に従う事になってきます。

最近はお墓に入る事を嫌う方が多くなっています。

それゆえこのような新しい形態の葬儀に興味を持つ方が多くなっているのかもしれませんね。
また現在は高齢化社会と言う事で、終活の時にこの散骨を遺言書に指定する方もいるかもしれません。

このような新しい種類の葬儀と言うのは今後も増えていくかもしれませんね。
またそれに伴って葬儀会社のほうでも、このような形態の葬儀を取り扱う所が増えてくるかもしれません。
今後の葬儀に注目してみたいと思います。

宇宙の彼方へ(宇宙葬)の場合

最近はいろいろな種類の葬儀が多くなってきています。

家族葬や自然葬、そして最近は宇宙葬と言うものも出てきています。
この宇宙葬をご存じの方も多いかもしれませんね。

宇宙葬と言うのは故人の遺骨を宇宙に撒く新いい形の葬儀になってきます。
この宇宙葬と言うのは、お墓に入りたくないと言う方たちに人気がてるみたいですね。

また以前の葬儀よりも新しい形態のものに憧れている方のなかにも、この宇宙葬を選択する方が増えているみたいです。
この宇宙葬と言うのは家族葬や自然葬と同様に、新しい種類の葬儀手法になってきます。

この宇宙葬とは、宇宙に故人の遺骨を撒くと言う発想からきています。
そしてその具体的な方法は故人の遺灰を大きなバルーンの中に入れてそれを空に放つ事になります。
その時に手紙やメッセージなどを添える事もできます。
このバルーンが空に飛んでいく事によって宇宙に散骨される事になってきます。

何かロマンが出てきそうな感じもします。

今までになかった新しいタイプの葬儀手法になってきます。
この宇宙葬を選択する方も最近は多くなっているようですね。
普通の葬儀では満足できない方が増えているのかもしれません。
あるいは葬儀についての考え方が変わってきているのかもしれませんね。

海や山などの自然に帰す自然葬を選択する場合

最近は葬儀の形態も大きく変わってきました。

例えば普通に行われる葬儀も多いと思いますが、その他に家族葬や宇宙葬などを行う方も多くなってきました。
これはテレビやインターネットなどの情報が大きな要因なのかもしれませんね。

例えばインターネットではこれら葬儀の情報もとても多くなっています。
ですので自分に合った葬儀も見つけやすくなったのかもしれませんね。
そしてこの葬儀のなかに自然葬と言うものもあります。
この自然葬をご存じの方も多いかもしれませんね。

この自然葬と言うのは海や山などに遺灰 を散骨する手法になってきます。
この自然葬もテレビなどで話題になる事がありますのでご存じの方も多いかもしれませんね。
人間は最期に自然に返ると思いがこの自然葬の基礎になっているのではないかと思います。
海や山などの自然に帰す事で故人も安心してあの世に行けるのかもしれませんね。

実際にこの自然葬を行っている葬儀会社も最近はとても多くなっています。
それゆえ終活を行う時にこの自然葬を指定する方も多いかもしれませんね。
今後もこの終活を行う方は増えてくるものと思います。

またそれに伴ってこの自然葬を選択する方も多くなってくるのではないでしょうか。
自分に合った葬儀ができればいいですね。