お役立ちサイト

PR
食べた分だけしっかり出す習慣が身に付くダイエット!

便秘改善サプリメント

ハワイで挙げる理想のお葬式

お寺の本堂で静かにお経を聞き、先祖代々が眠る墓に納骨を済ませる。そんな日本古来のスタイルが減ってきています。家族のみ、火葬のみの形式だけでなく、生前葬などもポピュラーになってきました。子どもがいない、遠方に済んでいるので手間をかけさせたくない、といったことが主な理由です。

さらに最近は、故人の趣味やライフスタイルを表すよう、演出にこだわる方も増えました。中でも、リゾートでの葬儀(葬式)に注目が集まっています。

まるで結婚式のようなゴージャスプラン

どの世代にも定番のリゾート地といえば、ハワイです。亡くなった方を自然に帰すという風習が古くからありますので、海への散骨が特に人気です。お墓というスタイルに縛られず、家族に思い出もプレゼントしたいと考える方に支持されています。

一例として、専門会社によるプランをご紹介します。
当日は、1人ずつにレイのプレゼントがあり、クルーザーで海に出ます。現地の方にチャント(祝詞)を唱えてもらい、フラを鑑賞した後、散骨スポットにて最後のお別れをし、色とりどりの花と共に散骨します。その後はホテルに戻り、ゆったりとディナーも楽しめる贅沢な内容です。

散骨の部分を除けば、リッチな海上ウェディングそのものです。この新しさと、和やかな雰囲気が人気の理由でしょう。故人が海外旅行好き・フラダンス好きの方は、最良のプレゼントになります。

日本で挙げるより安くて明朗

日本で一般的な葬儀(葬式)を行うと、費用の全国平均は約200万円です。地域や内容によって、さらに増えることもあります。また、墓石を新たに購入する必要があれば、一気に100万円単位でのプラスが出てきます。

一方ハワイで行えば、船のチャーター費+移動・滞在費で100万円程度から行えます。法事をしないように遺言を付け加えた場合は、それらに親族が支払う費用もなくなります。

一番大きく違うのが、費用の内訳がはっきりしている点です。日本には「心付け」というしきたりがあり、住職の方に渡すお礼など、明確にいくらと決まっていない項目が多数あります。一方ハワイでの散骨は、旅行と同じですので、費用の内訳がはっきりしています。なにかオプションを加えたい場合も、計算がしやすく、精算の時になって初めて金額を知るということはありません。

大変高額なイメージのあるリゾート散骨ですが、圧倒的に安く行えます。亡くなった後のことをオープンに話し合う事もトレンドになってきていますので、ぜひ週末に検討してみてはいかがでしょうか。

きちんと天国へ連れていけるような葬儀をしましょう

最近は葬儀の形態も大きく変わってきたような感じがしています。
以前であれば自宅や専門の葬儀会館などで、たくさんの方が参列して葬儀を行う事が多かったのではないかと思います。
しかし最近は家族葬などを始め、宇宙葬や自然葬などその葬儀の形態もさまざまなものになってきました。
また最近の高齢化社会に伴って、自分で終活を行う方も増えてきているのではないでしょうか。
この終活と言うのはテレビなどでも取りあげられる事もよくありますのでご存じの方も多いかもしれませんね。
また皆様の周辺にもこの終活を行っている方が結構多いのではないでしょうか。
この終活によって遺言書を作成したり、また自分の葬儀を指定したりする方も多くなっています。
またテレビなどで有名人の方が密葬や家族葬を行ったニュースが流れると、それに影響される方も多くなってくるかもしれませんね。
現在はネット社会でもあります。このインターネットのなかにはとても多くの情報があります。
ですのでこの葬儀についての情報もとてもたくさんあります。
そのなかから自分に合った葬儀を見つける方も多いかもしれませんね。
そしてそのネットとともにテレビや雑誌などからもいろいろな影響を受ける方がいるかもしれません。
また友達の葬儀を見て自分も同じような葬儀をしてみようと思う方もいるかもしれませんね。

自分に合った葬儀を選択

このように葬儀と言うのはその年代とともに変わってきているのかもしれませんね。
しかし結婚式などとは違ってこの葬儀は突然訪れます。
ですのでいろいろな準備ができていない場合も多くなってきます。
しかし特に遺言などがなければ葬儀のほうは行われますので、早急に準備をする事になります。
また事前に葬儀が指定されていれば多くはそれに従って行われる事になります。
それゆえ前述のように、最近は終活などによって自分の葬儀を指定する方も多くなっているのではないでしょうか。
残された方たちにできるだけ負担にならないように、自分の葬儀を質素なものにする方も多いかもしれませんね。
それがこの家族葬の人気につながっているのかもしれません。
この家族葬であれば料金のほうもそんなにかからないので、残された家族にも大きな負担になる事はないと思います。
また実際に葬儀に参列する方も家族や親戚などのごく一部の方たちになってきますので、いろいろと気遣いをする事もないと思います。
葬儀と言うのはいろいろな種類がありますので自分に合ったものを選択する事ができればいいですね。

ちゃんとした葬儀を行うためにも

葬儀の事を学んでおく

結婚式などと比べるとこの葬儀に出席する頻度はそう高くないのかもしれません。
この葬儀と言うのはある日突然訪れます。
ですのでそのなかには参列できない方も多いかもしれませんね。
またこの葬儀のマナーがよく分からない方も多いかもいると思います。
あまり出席する機会がない方たちに取っては仕方がないのかもしれませんね。
しかしそのために事前にこの葬儀のマナーなどを勉強しておくのもいいかもしれませんね。
また喪服などもいつも着られるように準備しておくのがいいと思います。

葬儀の形態も変化してきた

日本における葬儀は普通故人の自宅や葬儀会館などで行われる事が多いと思います。
また通夜も同様になってきます。
しかし最近はその形態も大きく変わってきているようです。
例えば最近は家族葬や自然葬を選択する方も多くなってきています。
この家族葬や自然葬などはテレビや雑誌でよく特集される事もありますのでその影響もあるのかもしれません。
またそれ専門の葬儀会社も多くなってきました。
やはり面倒さや費用の面から、そのような新しいタイプの葬儀を選択する方が多くなってきたのかもしれませんね。
この傾向は今後も変わらないかもしれません。
最終的には自分に合った葬儀を選択できればいいですね。